有休消化

最近、有休消化のため、空いた時間があれば有休を頂いて帰っている私です。

こんばんは。

気がついたら、3月の中旬で有休が消滅してしまうことに気がつき、残りを数えてみたらとんでもなく残っておりましたので、有休消化に勤しんでおります。

悪い事なんてしてないし、正当なお休みを消化しているだけなのに、こうもまとめて取っていると、なんだか罪悪感に苛まれますが、だからと言って我慢して取らないのも、意味が分からないので取れる内に取っちゃいます。

有休をしょっちゅう取っているうちに気づいた事があります。

              !自由な時間がありすぎると、段々不安になってくる!

これが不思議なもので、こんなにまとめて取ったのは初めてだからなのか、最初のうちは『わーいわーい』って買い物したり、カフェに行ったり、実家に帰ったり、普段の週一休みでは到底できない『ゆっくりとした自由な時間』を謳歌していたのですが、それも2週間を過ぎると(1週間に2日ほど夕方上がりをさせてもらってる感じで)だんだんと不安になってくるのですね、、。

『私、こんなに休みいらないな‥』と。

あんなに休みたいって思っていたのに。笑

こんな事書いたら『じゃあ、仕事しろよ』ってなると思いますが、あえて書きます!(そして、有休が残っているうちは取り切ります!)

仕事は好きだけど、職場にずーっといる事だけが、良い事とは限らない。

自由な時間がある事で、仕事の大切さも確認できる気がします。

例えば、ヘアショーとかで休みもなく、朝はミーティング、夜は練習。みたい日々もあるじゃないですか。

毎日クタクタになって1日が終わる👉起きたらすぐ仕事

余計な事を考える時間なんてないですけど、疲労は確実に溜まります。

それはそれでヘアショーが終わった後の達成感もあるのでとても充実しているのですが、それが日常だとしたら、、、?

そんな生活が美容師を続ける限り続くとしたら、、、?

人それぞれなので一概には言えませんが、人は疲労がピークに達して追い込まれていくと、無条件に逃げたくなりますよね。

キャパなんて人それぞれ。

もし誰か『美容師やめたい』って無条件に思っている人がいたら、今ある有休を全部まとめて使って贅沢に休んでしまうことをお勧めしたいです。

そこで『仕事したい』って思えれば良いリフレッシュになったって事だし、もう戻りたくないって思うのならば美容師辞めたほうが良いと思うし。

苦しいままずーっと仕事場にいる事だけが大切なことではないし、解決策はないってこと。

どんな仕事でも仕事をしないと食べていくことができないので、頑張る事は大前提ですが、細い糸でも切れそうになったら、切れる前に、一度ゆるめてあげることが大切なんじゃないかと。

『もう休みいらない!』って思えれば、明日からやる気マンマンで頑張れます。

仕事があるから『お休みがある』という事も。

忙しいと『休む』事ばかり考えちゃいますからね。

以上、有休消化の意外な発見でした。

ちなみに、私は何をしているのかと言うと、、

定休日は家の事情で実家に帰っていて、本当に自由な時間は有休を取った日くらいなので、最近では都心のセレクトショップや、ブティックを回って流行の勉強したり、本屋巡りをしてゆっくりと本や雑誌を読んだり、新しいカフェを回って、内装を見学しながら作品撮りのシチュエーションの参考にしたり。

なんやかんや、結局は仕事に直結することばかりしてますが。笑

でも、どれも自由な時間じゃないとできない事なので、やはり自由な時間は必要なんだなと思います。

今日も、初めて入ったカフェの内装が可愛すぎて

内装から、作品撮りのイメージがフツフツと。笑

  
 そういう考える時間が人を進化させるんじゃないかと。

考えなければ何も始まらないですしね。

何もないところからは何も湧いてこないですし。

そんな感じです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中